スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栽培体験第2回

本日7月24日(土)
ハロウィーンかぼちゃ栽培体験の第2回目を開催。

ここ数日猛暑が続いておりますが今日もピーカン

皆集まったらさっそく畑へ。
第1回から7週間経ちました。さて、畑はどうなったでしょう?

奥の方にあるジャイアントかぼちゃ。見えますか~?

IMGP5125.jpg
また、大分大きくなりました!
IMGP5088.jpg
IMGP5089.jpg

まずは前回苗を植えたところと種をまいたところの間引き。
3つずつ実を残して、あとは取ってしまいます。トゲトゲの葉っぱの中をよく見て、腐ってしまった実や葉も取り除きます。
IMGP5082.jpg
IMGP5087.jpg

葉っぱをかきわけて中を見ると、こちらにも結構大きなかぼちゃが育ってました。
この葉っぱはうどん粉病。葉に粉がかかったようになってますよね。どうしてもかぼちゃはこの病気にかかり易いのだそう。
IMGP5093.jpg
もうすっかりオレンジのもありますよ!
IMGP5080.jpg

作業しながら4Hクラブの方たちがいろいろかぼちゃについて教えてくれました。
花もよ~く見ると・・・

これが雌花
IMGP5094.jpg
実になる部分がちゃんとわかりますよね。

そして、こっちが雄花です↓中にいっぱい花粉が入ってます
IMGP5096.jpg


IMGP5115.jpg
んっ?なんか1個だけヘチマみたいのがなってるけど・・・

実はこれジャイアントかぼちゃにまぎれてしまった食用のかぼちゃなんだそうです。
かぼちゃにもホントいろいろな種類があるんですね。

今日私たちが蒔く食用かぼちゃはこちらの2種類。
IMGP5105.jpg
IMGP5112.jpg
種は見たところそんなに違いはありません。

「とっておき」はとってから、少し置いておくとおいしくなるそうです。
それで、とっておき???なんですかねぇ。

今回は1つの穴に1こずつ種を蒔いていきます。
育っていくと親ツルから子ツル、孫ツルとのびていくのですが、この種類は親ツルに出来た実のみ残すので、種の間隔もあまり広くとらないでいいのだそうです。
IMGP5108.jpg
IMGP5109.jpg
IMGP5110.jpg

これで本日の作業は終了!
あまりの暑さに子供たちは水路で水遊び。
IMGP5101.jpg

きれいにオレンジ色になったかぼちゃを1つ収穫しました。

国際交流で育てたハロウィーンかぼちゃ第1号
IMGP5121.jpg

これは緑だけどカッターナイフで器用にジャック・オー・ランタンが完成
IMGP5119.jpg
IMGP5118.jpg
負けずに顔を作って記念撮影
この2つのかぼちゃは事務局に置いておく予定です。見たい方はどうぞ寄ってくださいね。
ただし、どのくらいもつかはわかりませんので、悪しからず・・・

皆さん、暑い中お疲れ様でした!
次回の栽培体験は10月。立派なかぼちゃがたくさんとれるといいね


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日光市国際交流協会

Author:日光市国際交流協会
世界遺産の日光の社寺、中禅寺湖や華厳の滝を代表する奥日光、鬼怒川・川治・湯西川などの有名な温泉、足尾銅山など見所の多い世界の観光地である栃木県日光市。
この日光市で世界中の人と仲良くなり、楽しく異文化を体験しようという人の集まりが私たち日光市国際交流協会です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。